酵素は健康を支えるサプリです|縁の下の力持ち

レディー

ヘモグロビンを増やす

頭を押さえる人

貧血は、女性に多い疾患です。一口に貧血と言っても、鉄欠乏性貧血(ヘモグロビン貧血)や脳貧血、再生不良性貧血など、多数の種類があります。多くの女性がかかりやすいのが、ヘモグロビン貧血で、血液中のヘモグロビン量が不足して起こり、鉄分の摂取で改善します。脳貧血は、脳への血流が不足して起こる症状で、必ずしも血液中のヘモグロビン量が不足しているわけではなく、急に立ち上がった時の立ちくらみなどが該当します。ヘモグロビン貧血では、鉄分の摂取が重要ですが、そのためのサプリメントが数多く販売されています。鉄分が含まれているだけでなく、吸収されやすい鉄分や、吸収を助ける成分や、コラーゲンなどの美容成分が含まれるサプリが販売されるようになりました。

ヘモグロビン貧血に効果のあるサプリメントの特徴は、まず、鉄分が含有されていることです。一日の鉄分の必要量は10mgですが、妊娠・出産や生理のある時期は、12mg以上摂取することが望ましいのです。市販されているサプリは、その必要量の鉄分が含まれていることが多いのです。また、鉄分でも、ヘム鉄と非ヘム鉄の二種類があり、ヘム鉄のほうが吸収が良いので、ヘム鉄の含まれているサプリが好ましいのです。ヘム鉄でも、その二割程度しか吸収されませんが、ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収が良くなります。また、造血作用のある葉酸やビタミンB12も一緒に摂取すると、ヘモグロビン量を高めることができます。これらの成分が含まれたサプリが人気があります。